tethering main picture

テザリングってなんだろう?

最終更新日: 2019.09.29

テザリングって何?

 

テザリングはパーソナルホットスポットとも呼ばれ、スマートフォン等の通信機能を共有することで、他のパソコン等のインターネット接続を可能にする機能です。テザリングを使えば、インターネットケーブルやWi-Fiスポットのない場所でも、パソコンやタブレットでインターネットをすることができ非常に便利です。

 

テザリングの設定

iPhone & iPad

歯車のアイコンをタッチして設定を開き、「インターネット共有」を選択します。

iPhoneの設定

 

「インターネット共有」のスウィッチをオンにすると、「”携帯の名前” という名前で外部に表示されます。」というメッセージが表示されます。その下に表示されるWi-Fiのパスワードは以下のステップで必要となるのでを覚えておきます。

 

パーソナルホットスポットをオン

 

 

次はパソコンを立ち上げて、Wi-Fi設定から先ほど表示された<携帯の名前>がついたネットワークを選択します。Macはデスクトップ右上のシステムメニューからWi-Fiを選択できます。

wifieの選択

 

パスワードの入力を求められるので、先ほどのWi-Fiパスワードを入力し、「参加」ボタンをクリックします。接続が確立すると、iPhoneの画面に「インターネット共有:1台接続中」と表示されます。

 

iPhone hot spot on

テザリングを終了するには、テザリングをオンにした時と同じ手順で、「インターネット共有」のスウィッチをオフにします。

セキュリティ

Wi-Fiを使うときに気になるのがセキュリティですが、iPhoneのパーソナルホットスポットはWPA2という最新の暗号技術を使っているので安全性は高いと言えます。Android搭載のスマートフォンはテザリングの際に暗号技術の選択ができます。大きく分けてセキュリティの弱い順に、WEP、WPA、WPA2 Personal, WPA2 Enterpriseの4つがありますが、会社でWPA2 Enterpriseを使うように設定していない限りはWPA2 Personalを選択してください。

 

 

注意点 1

iPhoneで「インターネットの共有」をオンにすると、その周りのだれでもその無線ネットワークの名前を見ることができます。プライバシーを考えると、あまり個人を特定できるような名前は好ましくありません。携帯の名前は設定>一般>名前から変更可能です。

 

注意点 2

パソコンやタブレットはスマートフォンと比べると処理速度も早く画面も大きいため、テザリングで予想以上に大きい通信データを使ってしまうこともあります。通信キャリアによってパケ放題などの名前がついたプランであっても、一定の容量を超えると通信速度が限定されます。

 

2014年4月時点では一ヶ月の合計は7GB、3日の合計は1GB程度をどこのキャリアも採用しています。特に3日で1GBの制限は、動画を数時間見るとすぐに超えてしまうので要注意です。

 

データ利用量が気になる方はiPhoneでは「設定>モバイルデータ通信」からモバイルデータ通信の使用状況のセクションの「現在の期間」の欄を確認して下さい。又そのすぐ下のモバイルデータ通信を使用のセクションでは、アプリごとのモバイルデータ通信利用のオンオフが可能です。統計情報は一番下の「統計情報のリセット」を選択すると表示が0に戻るので月ごとの確認がしやすくなります。

 

シェア

hatena bookmark

ディスカッションに参加