iPhoneメイン写真

意外と知らないiPhoneの便利な機能10選

シェア

gplus-share hatena bookmark

Apple社の製品であるiPhoneは日本のスマートフォン市場でAndroid搭載のスマートフォンを抑えて圧倒的な人気を誇っています。シンプルな使いやすさが人気の理由の1つで、説明書さえ他を圧倒するシンプルさです。iPhoneのすごいところはIT系が苦手な人でも簡単に使えるシンプルさを保ちつつ、玄人も楽しませる便利な機能が詰まっているところです。この記事では、iPhoneのシンプルさの影に隠された意外と知られていない便利な10の機能と使い方を紹介します。

 

 

1.直前の操作の取り消し(アンドゥ機能)

小さい画面で文字入力をしていると、入力ミスや間違って消してしまうことも多いと思います。そんな時はiPhoneを素早く左右に振ると、パソコンのCtrl + Z (Macは⌘+Z)と同様に以前の状態に戻せます。前の状態から元の状態に戻すとき(Ctrl + Y)も同様の操作でできます。

 

 

2.大文字ロック(Capsロック)

大文字を続けて入力するとき(Wi-Fiのパスワードの入力等)は、何度もシフトを押すのが面倒です。そういう場合は、素早くシフトを2回タップして大文字ロックしてから、入力すると便利です。解除はもう一度シフトをタップするだけです

 大文字ロック

 

 

3.音声入力

音声文字入力が導入されたばかりの時の入力精度は、日本語を勉強したことのない外国人並みでしたが、iOS 8のアップデートで精度が飛躍的にアップしました。また、変換速度の向上により話しながらほぼ同時入力ができるようになったので、タイピングよりもずっと速く入力ができます。

iPhone 音声入力 

 

 

4.画面をロック解除せずに写真撮影

他人にお願いして写真をとってもらう時や素早く撮影したい時は、ロック画面右下のカメラアイコンをスワイプ・アップするとカメラアプリが起動します。この機能はお店などで店員に写真をとって貰う場合などに特に重宝します。ロック状態ではその時に撮影した写真以外は見ることができないのでプライバシーが保てますし、撮影途中で画面がロックしてしまうことも防げます。

 

 

ロック画面から写真

 

5.ボリュームボタンで写真を撮る

iPhoneを横に構えて写真を撮るときは、画面上の撮影ボタンが押しづらくなります。こういう時は側面に付いている音量ボタン(+又は-)を使って撮影すると普通のカメラのように使えて便利です。

音量調整ボタンをシャッターに

 

6.メッセージ 又はiMessage

iPhoneの基本のメッセージツールで、他のApple製品(Mac、iPad、iPhone)と無料でメッセージ、写真、音声メールのやりとりができます。LineやFacebookメッセンジャーと同じチャット形式でメールがやりとりできるだけでなく、「詳細」から位置情報を共有したり、過去に送受信した写真をまとめて見ることができます。iPhone以外の端末とやりとりする場合でも使える機能はほとんど同じですが、「送信」の文字が青から緑に変わり無料でない事を知らせてくれます。Macユーザは特典として、iPhoneに来たメールにMacから直接返信できるという超便利な機能も提供されています。

 

メッセージ

 

 

7.エアドロップ

面倒な設定なしにアップル製品どうしで瞬時にファイルの共有ができます。もちろんEメールやメッセージでもファイルを送れますが、エアドロップは無線で直接送るので送受信が早く、インターフェイスもシンプルです。送る側はエアドロップがオンになっている人のリストから送り先を選択し、受ける側はエアドロップをオンするだけです。受ける側はファイル送信を許可する相手を連絡先に登録している人のみに限定又は、周りにいるすべての人にすることも可能なので安心して使えます。エアドロップで受け取った写真は自動的にカメラロールに保存されるので、わざわざメールからデータをダウンロードして保存する手間も省けます。

エアドロップ

 

8.おやすみモード

メールやSNSの通知が夜遅くまで来て眠りの妨げになっているという人にはおやすみモードが便利です。マナーモードはヴァイブレーションで通知されますが、おやすみモードは通知が画面に表示されるだけです。電源を切るのと違い、緊急性の高い電話だけを受けられる設定ができるので安心です。このモードは前述のiMessageからメールごとにも設定できるので、グループメールなどでずっと会話が続くときなどに便利です。

 

iPhone おやすみモード

 

 

9.リマインダー

設定した時間にお知らせが来るような設定はカレンダーと同じですが、ジオフェンシングと呼ばれるユーザの位置情報とリンクさせたお知らせが便利です。職場を出たらすぐ家にメール、最寄り駅についたら買い出し、自宅についたらゴミ出しなど設定した場所の出発・到着時にお知らせが来るように設定できます。忘れっぽい人には手放せない機能です。

 

iPhone リマインダー

 

10.スクリーンショット

iPhoneの使い方がわからない人に何かを説明する時には、画面の写真を撮って送る又は送ってもらうのが一番簡単です。端末上部にあるロックボタンとホームボタンを同時に押すと開いている画面の写真がカメラロールに保存されます。後はその写真を送受信するだけです。

 

 

Daisuke Sadamori
建築とテクノロジーに情熱を燃やすデジタルデザイナー。デザインとITを使って地方の持つ魅力を引き出し、人と人をつなぐことで地方の活性化に貢献することを目標にしています。 一時期小笠原に住んでいたせいなのか、田舎の古民家で半自給自足的なサステイナブルな生活に憧れています。単純な田舎ぐらしというよりも、Arduinoなどを使った「モノのインターネット」を上手く活用して少しハイテクな次世代の田舎暮らしを模索したいと思っています。

シェア

gplus-share hatena bookmark

ディスカッションに参加