iphone編集メイン写真

デジタルフォトグラフィー101:スマートフォン編

シェア

gplus-share hatena bookmark

スマートフォンの急激な普及によって、以前よりも多くの人が写真を撮ってメールで送ったり、SNSで手軽にシェアをするようになりました。カメラの性能が高いので素人でもある程度の写真は撮れますが、やはり上手い下手はあり写真を見れば一目瞭然です。デジタル写真の良い所は撮影技術がなくとも撮った後で補正できる点で、一眼レフカメラを使う場合もスマートフォンを使う場合でも編集の基本を知っておくと結果はかなり違います。

 

デジタルフォトグラフィー101(ワン・オー・ワン、いちばん易しいクラスの意)シリーズでは本格的な写真を撮ることよりもSNSやブログに載せる写真を手軽に「いいね」と思える写真にする方法を学ぶことを目的とします。また、撮影の仕方よりもその後のデジタル編集処理に重点を置いて解説していきます。初回は写真の見た目を決める要素とスマートフォンによるその編集を見ていきます。

 

 

どんな写真がいい写真?

プロのカメラマンが撮った写真を見れば誰でも感覚的にはいいなと思えても、なぜ良いのかが具体的にわからなければ自分でいい写真を撮ることはできません。細かく言えば良い写真を構成する要素はたくさんありますが、誰にでもわかりやすくデジタル編集しやすいのは以下の5つの要素です。

 

 

写真の見た目を決める5つの要素

 

1.構図・アングル

構図と言うとセンスの問題だと思うかもしれませんが、要するに何を写しているのかがはっきりしているかどうかが重要です。写そうとしている人や物以外の余計なものが入らないようにするだけでぐっと写真がよくなります。

 

2.明るさ (露出・エクスポージャー)

写真が全体的又は部分的に明るすぎて白飛びしていたり、暗すぎて何が写っているかわからないことが無いようにすると良い写真になります。

 

3.色の鮮やかさ(彩度・サチュレーション)

桜や紅葉を見て綺麗だなと思って写真を撮ると結果がイマイチというのはよくあると思いますが、これは色の濃さが目で見るよりくすんでいるからです。ピンクならピンク、赤なら赤の様に色が鮮やかに出ている写真が綺麗に見えます。

 

4.コントラスト

コントラストは写真の一番明るい部分と暗い部分の差を表し、コントラストが低いと全体が同じような明るさになり立体感のないフラットな感じになります。逆にコントラストが高過ぎると中間の明るさの部分が消えて、影の部分から明るい部分の境界がはっきりしすぎて不自然な写真になります。

 

5.焦点&ブレ

上記の4つがいくら良くても焦点が合っていない又は、ブレていると全てが台無しです。焦点とブレのデジタル補正は難しいので、撮影時に一番気をつけたいことの1つです。

 

激的じゃないBefore & After

写真の見た目を決める要素がわかったところで、実際にスマートフォンで撮影・編集した写真を各要素(1-4)ごとに見ていきます。編集はiPhoneのデフォルトの写真アプリを使いましたが、無料のPhotoshop ExpressやInstagramも同様の編集ができます(両方共Androidにも対応)。焦点とブレの補正に関しては前述の通り難しいので又別の記事で紹介します。具体的な編集方法は動画を参考にしてください。

 

1. 切り抜き&回転ツールを使い構図とアングルを変更する。

グラフィティの写真なので、手前の目立つ汚れている部分が入らないように切り取ります。

切り抜き編集

 

 

2. 部分的に暗い写真を暗いところに絞って明るくする。

影になっている部分が特に暗く建物のディテールの一部が消えてしまっているので、その部分に絞って明るくします。

露出補正

 

3. 彩度を上げて薄い色をより鮮やかにする。

光の加減で写真全体が淡い色になっているので、彩度の値を上げて紅葉、落ち葉及び背景の苔の色をより鮮やかにします。やり過ぎると色飛びするので気をつける。

彩度・サチュレーション

 

 

4. コントラスを上げて明暗のないぼやけた写真をくっきりさせる。

明暗が弱く柱のディテールがフラットに見えるので、コントラストを上げて立体感が感じられるようにします。

コントラスト

 

スマホを使った写真の編集Before & Afterはどうだったでしょうか。例の写真では各要素のみを編集したBefore & Afterでしたが、普通はこの4つを上手く組み合わせて使います。1つの要素を大きく変えると不自然な写真になるので、ぱっと見には編集したかどうかわからないぐらいで止めるのがコツです。細かい編集の仕方は又別の記事で紹介するので、今回は写真の見た目を決める要素が5つありスマートフォンでも簡単に編集できるということだけ覚えてください。

Daisuke Sadamori

建築とテクノロジーに情熱を燃やすデジタルデザイナー。デザインとITを使って地方の持つ魅力を引き出し、人と人をつなぐことで地方の活性化に貢献することを目標にしています。 一時期小笠原に住んでいたせいなのか、田舎の古民家で半自給自足的なサステイナブルな生活に憧れています。単純な田舎ぐらしというよりも、Arduinoなどを使った「モノのインターネット」を上手く活用して少しハイテクな次世代の田舎暮らしを模索したいと思っています。

シェア

gplus-share hatena bookmark

ディスカッションに参加