コンポスト・メインイメージ

ダンボールコンポストで日本を救う?

シェア

gplus-share hatena bookmark

「1000万トン」これが日本の家庭からでる生ごみの排出量です。これは日本のお米の年間消費量を上回る量です。生ごみは80%くらいが水分なので、焼却炉で燃やすときに大量のエネルギーが必要となり大きな環境負荷がかかります。日本は埋め立て地が足りないためゴミのほとんどを焼却処理している世界一の焼却炉保有国です。少しでも生ごみを減らすこができれば、環境にやさしいだけでなくゴミ処理場を管理する自治体の支出削減にも貢献できて一石二鳥です。そんなゴミ問題を家庭で簡単に取り組める「コンポスト」でどれくらい生ごみが減らせるのかチャレンジしてみました。今回はより手軽で費用のかからないダンボールコンポストを紹介します。

 

 

コンポストってなんだ?

コンポストは日本語で言えば堆肥(化)で生ごみ等を人工的に微生物分解し土に戻せる状態にすることです。処理過程で大量のエネルギーや埋立地を必要とする焼却や埋め立て処理と比べると、コンポストは有害分質を排出することもなく環境にやさしいごみ処理方法です。

 

 

用意するもの

ダンボール箱 (25l-40l くらい+底敷分)

蓋用の布又はビニール

ピートモス 15リットル

もみ殻くん炭 10リットル

温度計

スコップ

ガムテープ

 

手順

1.ダンボールを箱型に組み立てて、底をガムテープで閉じ、蓋の部分も写真のように立てとめる。水分で底に穴が空きやすいので底にもう一枚分ダンボールを敷きます。箱がきちんと閉じていないと土が溢れるだけでなく、虫が入ってくるので注意。

 ダンボール

 

 

2.コンポストの基材となるピートモス(15l)ともみ殻くん炭を3:1~3:2の割合でダンボールに入れてよく撹拌する。もみ殻くん炭はニオイ対策と最終的な堆肥の炭素量の調整用なので入れなくてもよいが、その場合基材の量が少なくなり混ぜづらいので適宜ピートモスの量を増やしてください。

ピートモス&もみ殻くん炭

 

 

3. 1日1回生ごみを投入して、よく撹拌する。生ごみが露出していると匂いも虫も出やすいので、底の方にしっかりと埋めてください。十分に撹拌したら、布またはビニールで蓋をして保存します。1日の投入量の目安はキッチンシンクにある三角コーナーに軽く一杯ぐらいです。

生ごみ投入

 

 

4. 3のステップを2-3ヶ月繰り返す。始めは温度が上がらず失敗したかなと思いますが、1週間ぐらいすると徐々に温度が上がってきます。

コンポストの温度測定

 

 

5. 分解の速度が遅くなり基材がもっさりした感じになってきたら生ごみの投入をやめて、3-4周間程度生ごみが分解されるまで撹拌を続けます。生ごみの投入をやめると基材が乾燥するので、適宜霧吹きスプレーで水分補給してください。出来上がったコンポストは土と混ぜて庭やポットで使えます。繊維質のものが多少残ってもかまいません。

コンポスト完成

 

 

コンポストの中身

コンポストは最終的に堆肥として土に戻すため、ゴミならなんでも入れても良いというわけではありません。堆肥としての質と発酵分解の速度を考慮すると、炭素と窒素の割合を25~30:1に保つのがコンポスト成功の秘訣です。炭素の量が多すぎると発酵が遅くなり、窒素の量が多いとアンモニアが発生して匂いがきつくなります。

 

一般に野菜の切れ端や剪定したばかりの草など緑のものは窒素量が比較的多く、トウモロコシの芯や枯れ葉などの茶色いものは炭素の量が多いです。以下にリストする炭素含有率の高い茶色系を基材として(ピートモスの炭素窒素比率は58:1 )、窒素含有率の高い緑系の生ごみ(20-30:1)を混ぜることで発酵を促します。温度が低いうちは生ごみを小さめにカットしたほうが発酵が早く進みますが、温度が上がったら気にせずにどんどん投入してかまいません。コンポストに有害なものと分解されづらいものも以下にリストしました。

 

 

茶色系(高炭素)

  • ピートモス
  • もみ殻くん炭
  • 枯れ葉
  • 枯れ枝
  • 新聞紙(シュレッダー済み)
  • 木の削屑
  • わら

 

緑系(高窒素)

  • 野菜・果物のかす
  • コヒーのかす
  • 肉・魚の残り
  • ご飯の残り
  • ガーデニングで剪定した葉など

 

コンポストに向かないもの

  • 塩分を含むもの
  • ソースがかかった残飯
  • カラープリンターで印刷した紙
  • 腐ったもの
  • 玉ねぎやトウモロコシの皮など繊維が多く乾燥したもの
  • アボガドなどの大きな種
  • 貝類の殻
  • 油(廃油を入れると良いと書いてあるサイトもありますが、基材がベタベタになるだけであまり効果なし)

 

 

コンポストの温度について

コンポストを始めた時に上手く行っていると簡単に感じれるのが基材の温度変化です。条件がそろえば40~50度くらいまで上がることもありますが、温度がほとんど上がらないで途中でやめてしまう人は少なくないと思います。筆者もあまり温度が上がらず心配しましたが、温度はあくまでも生ごみの分解の速度の指針なので低い温度でも発酵はゆっくり進むので心配ありません。以下の図が筆者が観測したコンポストと室内温度及びゴミの投入量の推移です。温度は毎朝ゴミを投入する前に計測しました。

コンポストの温度推移

 

 

わかったこと

1. 投入量の増加とコンポストの温度上昇の相関性は見られないが、投入量が0になると次の日の温度が下がる。グラフの赤い点を参照。

 

2. コンポストの温度を上げるには、野菜や果物などの植物性のゴミよりも魚介の腸などの動物性タンパク質が必要。グラフの紫の点で示す日の前日はイカや魚の腸を含む生ごみを投入している。

 

3. 廃油、米のとぎ汁、砂糖水などの液体による温度上昇はほとんど期待できない。

 

4. 設置場所の温度に敏感に反応するので、外に置く場合はダンボールを2重にするなどの工夫が必要。

 

 

匂いについて

コンポストをやるときに一番心配なのが匂いだと思いますが、何故臭うのかを理解して対処すれば全く心配ありません。実際、筆者はベランダではなく室内に設置していましたが、特に臭うこともありませんでした。匂いは酸素を嫌う嫌気生物が食べ物を分解するときに発生するアンモニアが原因です。嫌気生物は名前の通り空気を嫌うので、コンポストに十分な空気を送ることが必要です。以下の3点に気をつけてください。

 

 

1. 撹拌が不十分。ダンボールの底にたまった基材は酸素不足になりがちなので、混ぜるときは底から十分に混ぜてください。

 

2. 水分量が多い。水分が多いと空気の流れが遮断されるので、匂いがきつくなることがあります。湿度が低すぎても分解が進まないため、基材が乾燥するのも好ましくありません。めやすは、握った時に軽く手の形がつく、または絞ったスポンジの湿り気が具合です。何度か触って試すと、ある程度基材の色でも判断できるようになります。

 

3. 生ごみの投入量が多すぎる。コンポストの窒素の割が多くなると匂いが出やすくなります。投入量をへらすか、炭素の割合が大きいもみ殻くん炭やシュレッダーにかけた新聞紙などを加える方法も有効です。コヒーのかすは窒素の割合は多いですが、脱臭効果があるのでおすすめです。

 

まとめ

ダンボールコンポストはいかがだったでしょうか?1人暮らしでは元々生ごみの量も少ないためゴミを削減した実感が得られないかもしれませんが、2人以上の家族だとかなりの量が削減できます。ちなみに筆者は2ヶ月で約14kg分の生ごみをコンポストで処理しました。これは体積で言うと都内で使う30リットルの半透明のゴミ袋一杯分に相当し、年間ではゴミ袋6つ分のゴミを処理できることになります。

 

それほどの大量なゴミを処理するとダンボールから溢れてしまうかと心配する方もいらっしゃるかもしれませんが、生ごみはほとんどが水分なので最終的なコンポストの量は最初に入れた基材の量とほとんど変わりません。大量でなくとも出来上がったコンポストを使う場所がないと処理に困るので、始める前に考えておく必要があります。同時期にベランダで鉢植えの植物を育てると便利かもしれません。是非試してみてください。

 

 

Daisuke Sadamori

建築とテクノロジーに情熱を燃やすデジタルデザイナー。デザインとITを使って地方の持つ魅力を引き出し、人と人をつなぐことで地方の活性化に貢献することを目標にしています。 一時期小笠原に住んでいたせいなのか、田舎の古民家で半自給自足的なサステイナブルな生活に憧れています。単純な田舎ぐらしというよりも、Arduinoなどを使った「モノのインターネット」を上手く活用して少しハイテクな次世代の田舎暮らしを模索したいと思っています。

シェア

gplus-share hatena bookmark

ディスカッションに参加